日M・Y・U・U・J・I・K・K・U本

JPOP聴く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

本日の一曲vol.3 ZAZEN BOYS/The Days Of NEKOMACHI

本日の一曲です。

今日はZAZEN BOYSThe Days Of NEKOMACHIです。

2004年発売、ZAZEN BOYSのファーストアルバム「ZAZEN BOYZ」に収録。


アルバム全体の曲調はメロディーやリズムを壊したような、詩も現実や現在の妄想を歌ったものが多いようなのですが、この曲は結構ファンタジーしてます。
メロディーやリズムもポップでダンスっぽくてカッコいい。

ナンバーガール解散から向井秀徳がZAZEN BOYSを結成して、最初に出したアルバムということでナンバーガール時代からのファンには賛否が分かれるところ(その後のアルバムとも)だったとは思いますが、青春時代(?)にナンバーガールを聴いてた僕はこのファーストアルバム大好きです。
今までよりさらに良くなったと思いました。
まあでもこのThe Days Of NEKOMACHIって曲はわりとナンバーガールっぽいのですが。

向井氏のコメントが公式にあったので抜粋
「気合い、気負い、気張りがセットになったファーストアルバム。新たな決意はから回り、みなぎる初期衝動のカタマリ。いや、しかしこれを作らねば何も始まらなかった!!代表曲「自問自答」が出来たことが何よりうれしい。」



ZAZEN BOYSはナンバーガール解散後、ボーカルの向井秀徳がナンバーガール時のドラム、アヒト・イナザワと共に結成した後、ゲストにくるりの岸田を迎えたり、アヒト脱退など他メンバーチェンジを繰り返し新しいJPOPの形を見せてくれている。詳しくはウィキペディアなどでお願いします。

とにかく刺激的な音楽を求めてえぐり続けるように曲を作っている向井秀徳。一貫したビジョンを感じます。これは表現行為において最も重要なものだと思います。
音楽、詩、言葉、絵、演奏すべてが同じ方向を向いて、先端を尖らせ続けている。とても熱い正しいエネルギーの塊を感じずにはいられません。

ヤる気を出したいときに聴くとがんばれます。
あと公式ページの日記「Diary」がおもしろいのでオススメ。
今週の更新では大阪のパンクバンド「ミドリ」との対バンについても書いてます。次回の更新はミドリの曲にしようかな。


YOUTUBEでみつけました。ZAZEN BOYSのThe Days Of NEKOMACHI。


YOUTUBEでみつけたソロでのThe Days Of NEKOMACHI。

ZAZEN BOYS ZAZEN BOYS
ZAZEN BOYS (2004/01/10)
MATSURI STUDIO
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

2007年08月31日 本日の一曲 トラックバック(0) コメント(0)

本日の一曲vol.2 大正九年/祝祭日

本日の一曲は大正九年祝祭日です。

2003年リリースのアルバム「モンドダイヤ」収録

テコテコピコピコのローテンポなダラダラそんぐで、聴いててとても気持ちいい曲です。
僕は普段から曲を聴くとき歌詞とか見ない&気にしない人間なのですが、曲の盛り上がるところの決め台詞・声はやっぱり耳に入ってくるもので、大正九年の場合それが気持ちいいことが多い。
大正九年はストーリーのないコラージュ的な歌詞の曲も多いですが、この祝祭日はちがくてちゃんと道筋があります。(でも内容は無いけど)
「~かなぁ」とか「たぶん」とか「時間をつぶす」とか「やめた。やめた。」とか節々にめんどくささと浅はかな感じが漂っていて非常にいい気分になります。



CD全部聞いてないしそんなによく知ってるわけではないのですが、大正九年は一言で説明するならば「宅録変態テクノポップ美少女」。
エキセントリックな歌詞世界、ハイパーな打ち込みテク(知識がないのでわからないんですが)、ポップなメロディーセンス、美少女的ルックス、ガーリィーな声、等の過剰な要素が合わさり、そのカリスマで一部に熱狂的なファンもいるようです。
各所のレビューも大体こんな感じ。

僕は「そこのそこ」という曲をラジオで聴いて好きになったんですが、この曲が入ってるアルバム「KYU-BOX」というのがジャケ絵に奈良美智氏を起用してて、アート系の人にも支持者が増えたっぽい。なんかの雑誌に川島秀明氏も紹介していたし。

まあ置いといて、2006年にしばらくの休止期間を終えてベストアルバムとシングルをリリースして復活したんです。
でもネット上でしか買えなくてその後もライブもなくプツリと途絶えていたようなのですが、いま公式ページhttp://www.1920.jp/みたら(こればっかだな)最新シングル作成中!とのこと。
試聴もできるようになってました。

そして2006年リリースの2枚も9月から全国レコード屋で売り始めるらしい!

うん要チェックですね。はやくライブもやってくれないかなー。


YOUTUBEに動画ありました。KYUBOX収録の星空グラデーションです。

モンドダイヤ モンドダイヤ
大正九年 (2003/09/09)
バップ

この商品の詳細を見る

2007年08月25日 本日の一曲 トラックバック(0) コメント(0)

本日の一曲vol.1 シアターブルック/カミツレと黒い山羊

本日の一曲と題して
今現在気になってる、もしくは聴いてる、
または今好きな曲を紹介することにします。



今日は
シアターブルック「カミツレと黒い山羊」
この曲はもう10年も前に発売された8cmシングル「捨てちまえ」に収録されたカップリング曲で、タイトル曲のいい加減なかっこよさとは対称的にミディアムなナンバーです。

家にある数少ない8cmの中から抜き出し聴きかえしているとかなりいい。
昔NHKFMのミュージックスクエアで流れていたのをカセットに録音して繰り返し聴いてたのを思い出しました。(数年後に中古CD屋で100円くらいで回収)
CD聴きながらあれ?そういえば・・と思って検索したらまだ解散してなかったんですね。http://www.theatrebrook.com/

ドレッドライダーをミュージックスクエアのエンディングで聴いてたのが懐かしい。
今度ライブに行ってみようとおもいます。

捨てちまえ 捨てちまえ
シアターブルック (1997/05/01)
ERJ

この商品の詳細を見る

2007年08月22日 本日の一曲 トラックバック(0) コメント(0)

日本ミュージック

日M・Y・U・U・J・I・K・K・U本

はじめまして。今日からはじめます。



本ブログの内容は大概こんな感じになります

日本の面白音楽を偏った嗜好・知識で見聴きして、感じたことを書いていきたいと思います。
批評や考察というよりは、個人的な感想になると思います。

よろしくお願いします。

2007年08月17日 メモ トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。