日M・Y・U・U・J・I・K・K・U本

JPOP聴く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

本日の一曲vol.5 シュガーフィールズ/くじら

本日の一曲はシュガーフィールズくじらです。

97年発売のシュガーフィールズのメジャーデビューシングル。だったはず。

この曲には結構思い入れがあります。この曲が発売されてラジオでもプッシュされていた当時、僕は中学生から高校生で主にラジオから音楽を手に入れ、カセットやMDに録音していました。
例によってこの曲もラジオで手に入れたのですが、アーティスト名と曲名をメモし忘れていたのです。

好きな曲なのにタイトルもアーティスト名もわからないまましばらく経ちました。そして10年ほどの時が流れ、2007年。
昔のMDを掘り返し懐かしさにひたっていたら、偶然爽快なメロディーに乗ってこの曲が流れてきたのです。印象に残るメロディーと耳に残るサビのフレーズ。
そういえばこんな曲あったなと思い出します。同時に曲名も誰が歌ってるのかも知らないままのことも。
そこからどうしても誰が歌ってるのか気になりだして、なんとなしにインターネットでサビのフレーズを検索してみたのです。

くじらは僕らの悩みなんてなにひとつ知らないで

するとこんなサイトhttp://m-search.hp.infoseek.co.jp/search/log/log069.htmlが出てきました。

このサイトはCMやラジオなんかで流れた曲のタイトルやアーティスト名を知らない人たちが情報交換をするような場所で、2000年に僕と同じことをしている人がいて、(ページの下のほう7/7日16:38の記事)奇跡的にタイトル、アーティスト名が判明。

それがシュガーフィールズというミュージシャンでした。




その後はシュガーフィールズをひたすら調べました。
シュガーフィールズは原朋信による一人ユニット。メジャーで数枚のアルバムを出した後インディーレーベルを立ち上げ、初期のくるりプロデュース、レーベルからはスネオヘアーやアンアーバー、プラモミリオンセラーズを輩出。

シュガーフィールズとしてはレーベルから定期的に作品を輩出し続け、活動をつづけていました。中古で数枚CDを手に入れライブにも足を運んで、そのよさにさらにはまることになるのです。


今年2007年10月17日セルフカバーのベストアルバム「THE END OF SUGAR FIELDS」をリリースするようです。

聴いたことない人はこれを気に聞いてください。
オフィシャルhttp://www.syncl.jp/artist/sugarfields/

くじら くじら
シュガーフィールズ (1997/02/21)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

2007年09月19日 本日の一曲 トラックバック(0) コメント(0)

本日の一曲vol.4 Flipper's Guitar/ワイルド・サマー/ビートでゴーゴー

本日の一曲はフリッパーズギターワイルド・サマー/ビートでゴーゴーです。

1990年発売の2ndアルバムCAMERA TALKに収録された一曲。


こんなの書いていながらまだ全部聞いてないんですが、いまのところ個人的にはフリッパーズよりそれぞれのソロのほうが好きです。一番聞きやすいというこの2ndアルバム、カメラ・トークもあまりピンとこない感じで・・・ただ本日の一曲のワイルド・サマー/ビートでゴーゴーは素晴らしく好きな音楽に仕上がってます。

青春、十代最後の夏といった雰囲気で、歌詞もまったく深刻じゃない感じがなんとも心を揺さぶるものがあります。
小山田圭吾の声もフワフワしててかわいいです。





フリッパーズギターは渋谷系といわれるブームの火付け役としてもしられ、人気絶頂だった91年に突如解散した。また多数の海外楽曲からサンプリングして曲を作ったことでも知られる。
解散後の小山田圭吾(コーネリアス)、小沢健二、それぞれのソロ活動も広く知られ、僕くらいの世代の人はオザケンやコーネリアスから入って遡るようにフリッパーズギターを聞いた人が多いのではないでしょうか。ぼくもそうなんですが。

ロボショップマニアというフリッパーズみたいなバンドがいたけど、いなくなってしまいましたね。結構好きだったんだけどな~
今調べたら2001年にアルバムを出して以来活動休止中らしい。活動休止前の作品はプロデューサーに富田ラボこと富田恵一を起用して初期のフリッパーズ風味とは異なった作品を出していたよう。

オフィシャルサイトは消えてて、でも詳しいサイトがありました。
http://www2.odn.ne.jp/~sheep/robo.html

なぜかロボショップ情報で締めくくり。


YOU TUBEで見つけました。CAMERA TALK収録のCamera! Camera! Camera!です。

CAMERA TALK(紙ジャケット仕様) CAMERA TALK(紙ジャケット仕様)
フリッパーズ・ギター (2006/08/25)
ピーエスシー
この商品の詳細を見る

2007年09月14日 本日の一曲 トラックバック(0) コメント(0)

作品その1 ミドリ/獄衣deサンバ

20070903space01.png



ひたすら大阪のパンクバンドミドリ獄衣deサンバという曲を聴きながら絵を描きました。
この曲ダサい感じなんですがとってもキュンとなります(?)乙女チックなどろどろパンクです。
※その音楽をイメージして描いたわけではありません。


YOUTUBEで発見。セカンド収録のドーピング☆ノイズノイズキッス

セカンド セカンド
ミドリ (2007/04/04)
バウンディ

この商品の詳細を見る

2007年09月06日 日本の音楽きながら絵を描く トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。